Back | Next

Secret Gig

96年6月29日、武道館5日間解散公演で日本中を感激させたその2日後、24万ものリクエストに応え
1,500人の観客を招いて行われたあまりにも劇的なラストギグ!!
豪華ゲストを迎えた超感動の甲斐バンド結成15周年記念盤。

● Secret Gig-[Jun.29.1989]
Secret Gig
  1. キラーストリート
  2. SLEEPY CITY
  3. 東京の冷たい壁にもたれて
  4. ジャンキーズ・ロックン・ロール
  5. HELPLESS
  6. 港からやってきた女
  7. 青い瞳のステラ、1962年夏
  8. ランデヴー
  9. TWO OF US
  10. 悪いうわさ
  11. 25時の追跡
  12. 破れたハートを売り物に

これは発売を待ってました!!とばかりに買ったライヴアルバム。
公の場で行われた事実上ファイナルライヴが黒澤フィルムスタジオで行われたこのギグだ。
ハガキによる申し込みは無情にも抽選から外れ天気が悪いのは俺の涙だ・・と言わんばかりにその日を過ごした記憶がある。
で、このアルバムもフルレングス・完全ライヴではなくだいぶコンパクトに収めている。
他に当日演奏された曲は「きんぽうげ」「悪夢(一郎ver)」「テレフォン・ノイローゼ」「かりそめのスウィング」「KANSAS CITY」「ラヴ・マイナス・ゼロ」「25時の追跡(大森Inst ver)」「ダイナマイトが150屯」「漂泊者」とインストルメンタル・メドレーが1曲行われている。
豪華なゲストとはオープニングコールの亀和田武、「港から〜」の中島みゆき、「25時〜ダイナマイト」の吉川晃司を指す。
ほんの触りながら吉川の出演シーンは映画 "HERE WE COME THE 4 SOUND" のフラッシュバックに使われていて、中島みゆきとの共演の「港から〜」はフルに見ることが出来る。
希望的な意見で言わせてもらえば武道館テイクな「ランデヴー」とかを並べるならば「悪夢」「KANSAS CITY」などを収録してもらいたかったものだ・・。
しかし、涙なくして聞けない「悪いうわさ」が収録されていてここに関して言えば「ファン冥利に尽きる」と感じぜずにはいられない・・・。
「25時〜」は武道館で生で聴きたかったねぇ・・・

HOME | Kai Menu | Discography
Back | Next