sukeroku
SUKEROKU

壱群 | 弐群 | 参群 | 年巡 | 其の他
  参群

寅 寅年:2010年購入
早いもので寅は3つ目。 という事で通いだして3順目に突入したということになる。
最初に購入したのが1986年、次が1998年で両方共張り子だったので今回は焼き物の方狙いだったのだが、電話して取り置きしてもらうのをさぼってしまった為、大晦日に買いに行ったら既に売り切れてしまっていた。
とはいうものの、ガラスケースに飾られていたこの張り子のデザインを見て「張り子のも欲しいな」って思っていたので、焼き物が買えなかった残念さは少なくて、満足感があったのも事実。
しかし焼き物で揃えるのは12年後ですか・・・(^-^;;;

卯 卯年:1999年購入
この卯(兎)は耳が長く壱群にしている張子と比べて遜色ない出来栄え。
残念な事に保管が悪く耳を折ってしまったので、修復してある。
こうして張子も良さ気なものが続いてしまうと、参群に繋がっていくんだろうなぁ。
まぁ続いていくことはいい事なんだけどね。

辰 辰年:2000年購入
壱群に比べよりリアリティがある張子。
色合いから中国の出し物っぽいイメージがある。
これも残念な事に角を一本折ってしまったので、修復してある。(でも修復したようには見えないハズ)
体は銀で背に「寿」が赤で書かれてあり、両脇には水色で渦巻きが描かれている。
デザイン的には今一歩?

巳 巳年:2013年購入
ここに来て新しいシリーズに参入?!。
木の台がついた一回り小さなシリーズのようで、他のものも手に入れやすそうな感じだ。
いつもの張り子風のものより高いものになるのだが、今は3巡目になっているので新しいシリーズで揃えるのもアリだなと。
もうちょっと早く買いに行けば良かったのだけれど、このデザインはとっても良いと思う。

午 午年:2014年購入
今回の午は焼き物が無く、いつもの張子と昨年から揃え始めた板付きのシリーズの二種だった。
どちらも捨てがたく危うく両方買いそうになったが、毎年一つ一つ買い揃えるのが味なので止めておいた。
この形にしてちゃんと首が動く仕掛けになっている。素晴らしいね。


未 未年:2015年購入
今回の未年は可愛いデザインのものになってます。
このシリーズになって小ぶりになっているけれど、この造形はめちゃいいですね。
未年ではこれがベストかな。

申 申年:2016年購入
もはやこの板付シリーズは最強かなと思える出来。
申はどういう風になるのかと思ったら、まさかの「正座」でした。行儀が良い。
張子の申が無いのが残念ですが、昨年に続いて当たりな感じの出来です。

酉 酉年:2017年購入
もう最高でしょう。
この造形、バランス。
ただ年々値段が上がっていっている感じがしますが、気のせいでしょうか?
縁起物なので値段じゃないんですけどね。
もう3周目も終盤。
助六さんにもがんばってもらって、4週目も・・・。

Home | Personal | SUKEROKU

Webmaster@KOBOHOME