2015年6月の日記


6/1
この時期KOBOHOMEを訪れるとトップページが変わるのを見て知っている方もいると思います。
その理由について特に説明もなく毎年6/1〜6/7頃までこうしたページに変化します。

あれは2003年の事だったので、もう今年は13回忌を迎えた事になります。
あっという間ではあります。

訃報を知ったのは確か6/7だったと思います。
金曜日にKISS仲間と夜通し新宿で呑んで語り合って帰ってきて、PCを開いて中のメールで知りました。
今では出先でPCメールはチェック出来るし、そもそもメッセンジャーやLINE、キャリアを越えてのショートメールもあるので簡単に展開が出来ていますが、まだこの頃はPCがメインでネットにつながっていましたね。

2015年6月1日(月) No.1523

ジブラルタルブリッジの取り付け完了
ついにやってしまいました。
サスティンブロックがあるので、取り付けにはそれほど苦慮しませんが、専用工具を使わずにブロックの溝掘りをするのはちょっと気を使いました。
殆ど現物合わせなので、最後の最後がちょっと気になるところですが、何とかいい具合に出来ました。
ちょっとルーターでひっかけて傷を作ってしまった所もあるのですが、まぁ目立たないのでいいかと。

一番の褒めポイントは専用のボルト作成でしょうか。
5mmボルトと判って上下とも同じボルト径だったので、一気に構想が現実になったのですが、真ん中の太くなっている部分はナットを並べて半田で固めて削って丸く仕上げています。
これが思いのほかうまくいって、本物とほぼ同じ形状にする事が出来ています。
メッキが思いのほか乗らないので、ちょっと仕上がりには満点とは行きませんけれど、充分な仕上がりだと思います。

ふと目がクイックチェンジテールピースに行きますが、ちょっと目をつぶろうかと思っています。
2015年6月7日(日) No.1531

九州出張
過去1度だけ九州に出張した事があった。
その時は技術支援で行ったのだけれど、大宰府に連れて行ってもらったり、福岡ドームに行ってキャンプを見学したり結構面白かった記憶がある。

今回は下手すると20年ぶり位の九州かも。
支店の記憶はほぼ無く、福岡空港〜天神もイマイチ記憶なし。
天神で地上に出た時のダイエーにはちょっと記憶があって、前回きた時はこの中で食事したような記憶が・・・なぜ??

天候が悪く今にも雨が降りそうな状況だったが、ギリ持ってくれて支店に入った後に大きく降り出した。
そもそも昨日トラブルのメールが舞い込んでいて、朝っぱらから上役からの厳しいメールを受けていただけに憂鬱な一日の始まりで、その上役との出張だったので気が重かった。

肝心の説明会で自分の説明を終え、質疑の後トラブル対応で応対する中、全体の説明会が終わってしまった。まぁ仕方がない。
ぎりぎり手配が出来たことで、明日の対応にも目途が付いてまずは一安心。

一旦ホテルにチェックインしてすぐさま懇親会へ。
懇親会では入社時にお世話になった先輩や後輩とかなりの久しぶり感の中、ワイワイと懐かしい話で盛り上がって楽しかった。
やはり苦労を共にした人との会話は、時間が経っても変わらないものだと実感。
その中、一人の後輩の元気がないのに気が付いたが、ちょっと訳ありそうなのでその場では触れず、お開きとなって部屋に戻った後に電話してみた。
ちょっと心配な状況で言葉少な目な会話となったが、まぁ頑張れと・・・。

その後、風呂に入ったのに着替えなおして一路天神の街へ・・・
既に23時を過ぎていて、人はまばら。
支店から来た道を辿り駅に向かって歩いたが、何だか訳分からず迷子に・・・
Google map便りでGPS表示に誘導されながらようやく天神駅界隈へ。
目的の場所は「照和」
やっぱりちょっと酔っているせいで、思考回路がイマイチのようで少し迷いながら無事店前まで。
既に店は閉まっていたが、雰囲気のある店の前は何だか感動した。
一寸だけ止まって写真を撮り、またホテルへと戻っていった。

これまた帰りに大きく迷子になり、コンビニで飲物とクールダウンさせるためにアイスなんぞを買い込み部屋へ。
カードキーを入れドアを開けようとするも、ドアが開かない。
よく見ると内鍵というかドアロックがかかってしまっているようだった。
真鍮のドアロックをカードキーで押してみるが、こんなので開いてしまうならロックにならんだろうし、諦めてフロントへ・・・
すぐ対応してくれっるという事で部屋に戻ると、フロントマンの手にはボルトカッターが。

えらいことになったと思ったが、どうやらこういうトラブルは多いらしい。
何度か格闘の末切り落としてくれて、無事部屋へ・・・申し訳ない。
シャワーを浴びてようやくリラックス。
迷ったことでかなりのウォーキングになり、完治していた足のマメがまた復活したのは痛い出来事だった。
それを上回る照和探訪は格別な出来事になった。

2015年6月11日(木) No.1524

広島出張
昨晩の酒がちょいと残る中、遅刻するわけにはいかないので6時起きでモーニング。
チェックアウトの恰好で降りてきたのは俺だけだったが、予定通り7:45にホテルを出発。
昨晩歩いた方面へ歩こうとしたら、逆だと言われ。
そんな事無いだろうと歩いてみたら、すぐそこは天神の地下道への入り口だった。

支店から脇に行った所にあると思っていたホテルは天神駅に戻った場所だったのだ。
位置関係を完全に勘違いしたので、摩訶不思議な行動ルートになって行きも帰りも迷ったのだった。
携帯なかったらホテルに戻れないところだった・・・結構勘違いによる方向音痴になるのを自覚した。

さて、一旦博多に出て土産を物色。
やはり明太子は外せないが今日の夜に帰宅というスケジュールは無理そうだった。
これから広島の支店によるので冷蔵庫くらいあるだろう・・という考えのもとそこで冷蔵庫に入れキープし夕方帰路について5時間なら持つだろうという事になって結構いい値段の明太子を購入。

新幹線に乗り込み一路広島へ。
一時間くらいで広島着。
広電が何物か分からないまま多分こっちだろうという出口に出て、目の前にあった路面電車が広電だろうと、これまた適当に向かうとビンゴ。
完全にリサーチ不足でタクシーに乗るのかと思っていたので、ちょっと一苦労。
Suikaは使えないし・・

八丁堀という駅で降り、無事支店へ
午前中は3人で月曜の会議資料の最終修正。
午後からの説明会に間に合うよう、無事修正完了。
昼飯に外に出て若干胃が重いのでさっぱりした蕎麦を食らう。
予定通り説明会を行い2時間ちょっとで終了。さすがに疲れが・・・

帰り支度を早々に済ませ明太子を忘れないように各自持ち、支店を出てタクシーで広島駅へ。
広島には知り合いがいるのだが、連絡も出来ないまま6時間位の滞在だった。
広島土産もリクエストがあったので、あれこれ探しながら何とか買い集め安心して帰路へ。

新幹線の中でビールで乾杯したのち、それぞれの自由時間へ。
こうなると3人並びの状態は結構きついよな。
二人に挟まれて4時間かかって帰京。
一泊の出張だが何だか中身の濃い出張だった。
2015年6月12日(金) No.1525

紫陽花
鎌倉に・・・と行っていたんですが、なかなか家を出る時間がいまいちなので、近場の六義園に行くことにしました。

車であっという間です。
行ったことが無かったのでどれくらいの場所なのか分かりませんでしたが、紫陽花の咲いている場所を辿ると、それほどの広い場所ではなかったような感じ。

もっとゆっくりも出来る所ではありましたが、一通り紫陽花を見ては写真を撮り、一周して出てきました。
池の鯉が物凄く大きくて気持ちが悪かったのがかなりの印象に・・・

紫陽花も玉のようなものばかり想像していましたが、色々な種類があるのに気が付きました。
今度は鎌倉に・・・
2015年6月14日(日) No.1530

懇親会
今日は午後からカンファレンスに出席、その後営業メインのプロジェクトメンバーと懇親会を開催。雨模様でイマイチな日だったが、メーカーの担当営業さんも参加頂いて盛況な会になった。

メンバー外で最近一番勢力的に動いてくれている営業マンを迎え、二次会に突入。
カラオケ店で異様な盛り上がりを見せてくれて、まだまだやれるんじゃないかって気にさせてもらった。
ここしばらく腹の底から笑う事が無かったが心底笑わせてもらった。
顎が疲れる位だったほどなので、ものすごーく、ストレス解消になった。
プロジェクトの活動も、このチームになって根っこの方では浸透してくれているものを感じた。
恐れを排除して邁進する力はまだまだあるのだと思ったよ。

本当に今日は楽しかった。
ありがとう。
2015年6月19日(金) No.1526

ハーフ&ハーフ
ギターのナットのことです。
PS120BKのPS10らしらかぬ廉価感があるところを色々直していますが、ハードルが高い部分は手を付けずにいました。

ナットはベースの時に手を出しましたが、今回はハーフ&ハーフ。本当はブラスとグラファイトらしいですが、半分でも手間と精度を失いたくないので、今ついている牛骨ナットはそのまま生かします。

2mm+2mmになるので、真鍮板から4mm位を切り出します。
電動工具を使ってぐりぐりしたので、結構速く切り出し出来ました。
薄くするのもドリル使ってある程度薄くして平面出して合わせた後にギターのナット溝に合うように仕上げました。

弦溝はちょっと苦労しましたが、何とか出来て良かったです。
なかなか気づかれないところですが、自己満足度向上です。
2015年6月20日(土) No.1529

父の日
今日は父の日という事で、かみさんからプレゼントをもらいました。
家で焼酎など飲むときにいいんじゃないか?と名入の大き目なぐい飲み?
木箱入りですごいです。

夕方は久々に家族四人揃ってでの食事。
思い思いに色々食べて飲んで楽しかった。
あまり口に出して言われませんが、感謝されているようで嬉しかったな。
2015年6月21日(日) No.1528

結局手を加えることにしました。
ジブラルタルブリッジに加え、禁断と思っていたブラスと牛骨?のハーフ&ハーフナットへの加工を終え、テールピースだけはボディ加工(見える範囲)に関係するのでやめておこうと思っていたのだが・・・。

一度検索したので、マイオクにいつも出現する、クィックチェンジ靴離粥璽襯鼻
弦を通すところとか絶対メッキを乗せられないし、ブリッジのメッキでも限界を感じているので、メッキを剥がすにもねぇ・・・。

それ以前にボディの取り付けが実は大きな課題で根本が8mm、テールピースを固定する部分は5mmになっている特殊ボルトの再現をずっと考えていたが、8mmネジを中心を出しながら5mmボルトを切る細さまで削りダイスを使ってM5ネジを切り出すってのはまず精度がダメダメになるので手を出せない。

アンカーを埋め、ボディに5mmネジで固定してしまおうとも思ったが、アースを取れそうもないのが気になった。
ブリッジにアースを追加したので、取れない訳ではなさそうだが、効果としては厳しいものになりそうだ。

ボルトの加工方法で色々ページを検索した中で、ある記事が目についた。
そもそもLTDの加工方法を見たがよくあるアンカーの上にボルトが立っている訳ではないのだ。
ボルトを抜き取ると、ボディの深い所にナット部分があって、太さを保った上でボディ外には5mmボルト部分が露出し、基本的にボディ直付けの如くナットで固定されているのだ。

この埋め込みナット部分が何とか出来ればOK。もう元の太さが8mmである必要は無く、今のスタッドボルトにひっかかっているレスポールのテールピースのような仕組みのテールピースより、響きが良くなるよう思った。

で、目についたのが「鬼目ナット」。
組立家具の取り付け口によくついている、ねじ込みしてあるナットそのものだった。
ねじ込んだ時にボデイが浮いたらどうしようと色々悩んだが、深く沈ませるつもりでツバ無タイプをチョイスした。
ドイル穴もテーパーに合わせて8mmである程度の深さを掘ったあと、7mmで沈み込ませる深さまで掘ってやれば良さそうだ。
木工用のドリルには中心にピンが立っているものがあって、これだと水平に掘れそうだった。
この辺り、週末に準備するとしよう。
2015年6月23日(火) No.1527


[Admin] [TOP]
shiromuku(cu3)DIARY version 1.50